Biography

2009年4月、高校の同級生5人でpandemic結成。

pandemic名義で、小田原姿麗人を中心にライブを展開。

 

2012年6月、Ba.熊沢が脱退。これによりGt.勝俣がBa.に転向。

同年8月、鶴見TOP'Sでのライブが、pandemic最後のライブとなる。

 

2012年8月8日、pandemicから改名し、Alive at A Liveとしての活動をスタート。

 

2013年3月7日、1stDEMO「TEENAGER」発売

 

2013年7月13日、2ndDEMO「ピエロ/道標」発売

 

2014年5月28日、1st mini album「Sign」発売

 

2014年6月22日、小田原姿麗人でのライブをもって解散。

前身バンドから5年以上に渡る活動に終止符を打った

Twitter : @Alive_at_A_Live